ソフトウェアダウンロード

ステップ 2 アップデート操作

 2-1. アップデート操作

※必ず満充電されたバッテリーをご使用ください。バッテリー残量が少ないと、アップデートに失敗する場合があります。

※レンズのファームウェアをアップデートする場合は、先にアップデートしたいレンズをカメラ本体に取り付けておいてください。

  1. 電源OFFであることを確認してバッテリーを装着する。
  2. ステップ1でファームウェアをコピーしたSDカードをカメラに挿入する。
  3. カメラの電源ONする。
  4. 再生モードにする。
  5. 液晶に「しばらくお待ちください」表示され、少しすると以下(画面1)の画面にかわります。
    (画面1)の画面が表示されない場合、以下を確認ください。
    SDメモリーカードに複数のファームウェアが存在していないか、ご確認ください。
    バッテリーが満充電されているかご確認ください。

    「表示できる画像がありません」と表示される場合、すでに新しいファームウェアバージョンになっているため、アップデート操作できません。

     いったん、カメラの電源をOFFした後、通常操作いただけます。

      ※ SDメモリーカード内のファームウェアは削除してからご使用ください。
    (画面1)
    ※アップデートするファームウェアのバージョンで異なります。

  6. (画面1)でカーソルボタンを押して、「はい」が選択された(画面2)ことを確認して「MENU/SET」ボタンを押す。
    (画面2)
    (画面2):カメラボディ側ファームウェア更新時
    MENU/SETボタンとカーソルボタン位置

  7. ファームウェアの更新が始まります(画面3)
    ファームウェアの更新には、約2〜3分かかります。

    ファームウェアの更新が終了するまで、次の操作は行わないでください。

    更新に失敗したり、本体の故障につながる場合があります。

      ☓ 電源ボタンの操作(オン/オフ)
    ☓ 本体ボタンの操作
    ☓ カード扉を開閉
    ☓ カードを抜く
    ☓ レンズを着脱
    ☓ バッテリーを着脱
     
     
     

    進行状況を表示します。
    進行に従って緑色部分が伸びていきます。
     
    (画面3)
  8. ファームウェアの更新が完了すると、カメラ本体の電源が自動的にオフ/オンされ、撮影モードの状態になります。
  9. ステップ1の「ファームウェアのバージョン確認」の手順でカメラ本体のバージョンを確認する。
    カメラ本体で表示されたバージョンが今回のアップデート後のバージョンと同じであれば、正常にアップデートされています。
    ※バージョン表示が異なる場合は、再度、最初から実施ください。
以上で「アップデート」は完了です。

 2-2. アップデート完了後のSDメモリーカードの処理

アップデート完了後のSDメモリーカードの処理
●ファームウェアアップデート用のファイルを保存したままのSDメモリーカードを撮影に使用した場合、記録枚数の減少やカメラ本体の故障の原因になります。 ファームウェア更新後に、必ず「ファームアップデート用ファイル」を削除するか、カメラ本体でのフォーマットと実施ください。

●フォーマットすると、プロテクトされた画像も含め、すべてのデータが削除され、元に戻すことができません。
よく確認してからフォーマット操作してください。

ページトップへ戻る