パナソニック・ホーム 個人向けトップ > お客様サポート > の中のデジタルビデオカメラ > の中の動作確認情報一覧 > の中のソフトウェア/パソコン動作環境一覧 > の中のSDR-S200同梱ソフトウェア(MotionSD STUDIO)動作環境Web カメラとして使う場合のページです。

動作確認情報

SDR-S200同梱ソフトウェア(MotionSD STUDIO)動作環境 

Web カメラとして使う場合の動作環境

対応パソコン IBM PC/AT互換機
対応OS

Windows 2000 Professional SP4
Windows XP Home Edition SP1/SP2
Windows XP Professional SP1/SP2
(Windows XP SP2 はOS の標準ドライバーを使用)

CPU Intel Pentium III 450MHz 以上、またはIntel Celeron 400 MHz以上
メモリ 128 MB 以上 (256 MB 以上を推奨)
ディスプレイ

High Color(16bit)以上、デスクトップ領域 800×600以上

ハードディスク 250 MB 以上の空き容量
必要なソフトウェア DirectX 9.0b/9.0c
Windows Messenger 5.0/5.1 または MSN Messenger 7.0/7.5
(MSN Messenger 7.5はWindows XPのみ)
サウンド Windows 互換サウンドデバイス
ドライブ CD-ROM ドライブ ( インストールに必要)
インターフェース USB 端子
その他 マウスまたはマウスと同等のポインティングデバイス
本機をWeb カメラとして使うときは、以下の点にお気を付けください。
  • Windows Messenger/MSN Messenger の使いかたについては、ヘルプファイルをお読みください。
  • 通信する相手側も同じソフトウェアを使用している必要があります。
  • パソコンのセキュリティの設定によっては、正常に通信ができない場合があります。
各ソフトウェアは以下の動作環境で使用できます。
  • 推奨環境のすべてのパソコンについて動作を保証するものではありません。
  • インストールにはCD-ROMドライブが必要です。
  • アップグレードされたOSでの動作は保障いたしません。
    (Windows 95 から Windows 98SEにアップグレードした場合など)
  • Macintoshには対応していません。
  • 1台のパソコンに2台以上のUSB機器を接続している場合は、動作を保障いたしません。
  • キーボードやディスプレイのUSB端子に接続しての動作は保障いたしません。
  • パソコンとの接続には、付属のUSB接続ケーブルをお使いください。
    (付属品以外をお使いの場合は動作を保証しません)
ページトップへ戻る