パナソニック・ホーム 個人向けトップ > お客様サポート > の中のソフトウェア > の中のMotionSD STUDIO > の中のよくあるご質問 (Q&A) > の中のDVDへの書き込みエラーが発生する

SD-Jukebox

DVDへの書き込みエラーが発生する

書き込みエラーが発生した場合、次の二通りのエラーが表示されます。 エラーの種類によって、対処方法が異なりますので、該当の対処方法をご確認ください。
コード(ErrNo) 
意味 
0x8780000A 接続されているデバイス、メディア、他ソフトウェアとの競合、ドライバーなどの要因が考えられます。
(下記対処方法で該当エラーコード「A」と記載されている項目をご確認ください。)  
0x8780000B パソコンの環境、ドライブの接続方法、他ソフトウェアとの競合、ドライバーなどの要因が考えられます。
(下記対処方法で該当エラーコード「B」と記載されている項目をご確認ください。)  

書き込みエラー発生時の対処方法

(注意)
動作確認済みのDVDドライブ情報については下記、動作確認情報でご確認ください。 動作確認されていないドライブでは正常に書き込めない場合があります。 また、動作確認済みのドライブでも、ご使用の環境により正常に書き込みできない場合があります。
■以下の対処方法をご確認ください。

原因 1. ご使用のメディアとDVDドライブの相性に起因する。

該当エラーコード:A
(詳細)
ご使用のDVDドライブとメディアとの相性が原因で書き込みエラーが発生する場合があります。
(対処 1-1)
ご使用のDVDドライブの取扱説明書やホームページをご確認いただき、 DVDドライブ(またはパソコン)の推奨メディアでお試しください。

原因 2. 常駐ソフトウェアが影響している。

該当エラーコード:A、B
(詳細)
Windows起動時に、自動で起動するセキュリティソフトやタスクスケジューラ、パケットライトソフトなどの常駐ソフトウェアが影響する場合があります。
(対処 2-1)
常駐ソフトウェアを終了後、「MotionSD STUDIO」を起動してください。

原因 3. Windows XPのCD書き込み機能が影響している。

該当エラーコード:A、B
(対処 3-1)
Windows XPが標準でサポートしているCD書き込み機能を無効にしてください。
(無効にする方法)
  1. エクスプローラやマイコンピュータでDVDドライブのアイコンを右クリックします。
  2. 表示されるメニューから「プロパティ」をクリックします。
  3. DVDドライブのプロパティが表示されたら、「書き込み」タブをクリックします。
  4. 「このドライブでCD書き込みを有効にする」のチェックを外して「OK」をクリックします。

原因 4. 他のDVDドライブや他の周辺機器が影響している。

該当エラーコード:B
(詳細)
複数の周辺機器を接続しているためにデータ転送が不安定になり書き込みエラーが発生することがあります。
(対処 4-1)
DVDドライブと同じインターフェースに別の周辺機器を複数接続している場合、DVDドライブ以外のハードウェアを外して動作をご確認ください。
(対処 4-2)
複数のDVDドライブを接続している場合は、使用しないDVDドライブを外して動作をご確認ください。

原因 5. 他社製ライティングソフト(及びASPIマネージャ)との競合(コンフリクト)。

該当エラーコード:A、B
(対処 5-1)
「MotionSD STUDIO」を使用してハードディスクにディスクイメージを出力後、ご使用の環境にインストールされている他社製のライティングソフトでDVDディスクの書き込みをする。
※ハードディスクイメージ出力は「MotionSD STUDIO Ver.1.1」のみの機能です。
(対処 5-2)

他社製のライティングソフト(及びASPIマネージャをインストールするソフト)をアンインストール、OSの再起動後MotionSD STUDIOを再インストールしてから動作をご確認ください。

原因 6. DVDドライブのファームウェアに起因する。

該当エラーコード:A
(詳細)
DVDドライブのファームウェア(本体に記憶されている制御プログラム)が原因で書き込みエラーが発生することがあります。
(対処 6-1)
各パソコンメーカー様、ドライブメーカー様のホームページにて最新のファームウェアのアップデートプログラムが公開されていることがあります。
お客様がご使用のDVDドライブのファームウェアが最新であることをご確認ください。
ページトップへ戻る