ソフトウェアダウンロード

シアターバーSC-HTB01 ファームウェア提供サービス

平素はPanasonic製ホームシアターをご愛用いただき、ありがとうございます。
本ホームページでは、商品をより快適にご使用いただけるようホームシアターの最新のファームウェア(商品を制御するために内蔵しているソフトウェア)をダウンロードサービス(以降、本サービス)にてご提供いたします。

バージョンアップの方法

本サポートページよりバージョンアップ用のファームウェアをダウンロードして頂き、お客様ご自身でバージョンアップ用のUSBメモリーを作成いただく方法となります。

USBメモリーを利用したバージョンアップの手順(概要)

以下のステップ1.〜ステップ4.の手順に従って実施してください。
ステップ 1. 当サポートページからバージョンアップ用ファームウェア(zip形式ファイル)をダウンロードします。
下向矢印
ステップ 2. ダウンロードしたzipファイルのサイズ確認とファイルの解凍を行います。
下向矢印
ステップ 3. 生成されたファームウェアをUSBメモリーにコピーし、バージョンアップ用USBメモリーを作成します。
下向矢印
ステップ 4. 作成したUSBメモリーを使用して本体のバージョンアップを実行します。
(既に本体内蔵ファームウェアが最新の場合はバージョンアップは実施されません。)

ステップ 1. ダウンロード

■ダウンロード前に必ず、「ソフトウェア使用許諾」をご確認ください。
※[ダウンロード]ボタンをクリックすると「ソフトウェア使用許諾」の内容に同意されたものとみなします。

ダウンロード

■以下のダウンロードボタンをクリックしてリンク先からzipファイルをダウンロードし、パソコンの任意のフォルダに保存する。
※ご使用のパソコン環境によっては「ダウンロード」フォルダに保存されます。

SC-HTB01
ファイル名 UPDATE_HTB01_v101.zip
ファイルサイズ 3,252,644 バイト
圧縮形式 ZIP形式
解凍後のファイル名 PANASPFW.FRM
ダウンロード ダウンロード

更新履歴

更新日付 バージョン 主な内容
2019年1月30日 Ver.1.01
  • 動作安定性改善

ステップ 2. ファイルサイズの確認とファイルの解凍

  1. パソコンに保存したzipファイルのサイズを確認してください。
    ※ファイルサイズが異なる場合はダウンロードし直してください。
  2. パソコンに保存したzipファイルを解凍してください。
    ※ご使用のパソコン環境によっては自動で解凍されます。
  3. 解凍後、「PANASPFW.FRM」が生成されたことを確認します。

ステップ 3. バージョンアップ用USBメモリーの作成

解凍してできたファームウェアファイルをUSBメモリーに書き込み、バージョンアップ用USBメモリーを作成してください。

バージョンアップ用USBメモリーの作成

  1. 256MB〜16GBの容量のUSBメモリーを準備ください。
    (USBメモリーの内容が全て消去されてもよいUSBメモリーを準備してください。)
  2. PCでこのUSBメモリーを FAT または FAT32 でフォーマットしてください。
    USBメモリーのフォーマットの手順について
  3. 解凍して作成したファイル「PANASPFW.FRM」を、USBメモリーのルート(*1)にコピーしてください。
    (*1):ルート=ファイルの階層構造の最上階
    ※USBドライブ(E:)がUSBメモリーの場合、コピ−終了時点のエクスプロ−ラは下図のようになります。(Windows 10 の場合)
    (お使いのパソコンの環境によって画面が異なる場合があります。)

ステップ 4. バージョンアップの実施

下記の手順で、ファームウェアのバージョンアップを行ってください。

バージョンアップ前のご注意

  1. バージョンアップには最大で15分程度かかります。
  2. バージョンアップが完了するまでは、絶対に電源を切らないでください。
  3. バージョンアップが正常に完了すれば、初期設定などの機器に設定されている内容は変わりません。

バージョンアップの手順

作成したバージョンアップ用USBメモリーを本機後面の「※バージョンアップ専用USB端子」(下図)に接続すると、本機とUSBメモリ内のソフトウェアのバージョンをチェックし、必要であれば自動でバージョンアップを開始します。
■内蔵のファームウエアが既に最新の状態で、バージョンアップが不要の場合は以下のような動作となります。
操作 本体の動作 前面LEDの点灯状態
背面のUSB端子へUSBメモリーを装着する。 自動で本体とUSBメモリ内のファームウエアのバージョン確認が行われます。
USBメモリーを装着したまま、LED表示を確認する。 バージョン確認の結果、バージョンアップが必要ない場合はここで動作は終了します。
※この時3種類のLEDが同時に2回点滅します。
USBメモリーを装着したまま、LED表示を確認する。 本体は自動的に電源オンの通常状態に戻ります。 USBメモリー装着前のLED点灯状態。
USBメモリーを取り外した後、そのままでご使用頂けます。
■本体よりUSBメモリー内のファームウエアのバージョンが新しい場合は以下のような動作となります。
操作 本体の動作 前面LEDの点灯状態
背面のUSB端子へUSBメモリーを装着する。 自動で本体とUSBメモリ内のファームウエアのバージョン確認の後、そのまま内蔵ファームウェアのバージョンアップを開始します。
※バージョンアップには最大で15分程度かかる場合があります。
USBメモリーを装着したまま、LED表示を確認する。 パージョンアップが完了すると3種類のLEDが同時に点灯し、次の操作を行うまでLEDは点灯したままとなります。
USBメモリーを取り外し、一度電源ボタンを押す。 電源オフになります。
再度電源ボタンを押す。 電源オンになります。 通常ご使用時のLED点灯状態
更新された新しいファームウェアでご使用頂けます。
以上で、「バージョンアップ」は、完了です。

【ご注意】

すでに本機のバージョンがバージョンアップ用USBメモリーのバージョンと同等以上の場合は、バージョンアップされません。
ページトップへ戻る