<ダウンロード前のご注意>

■ダウンロード前に必ず、「ソフトウェア使用許諾」をご確認ください。
 ※[ダウンロード]ボタンをクリックすると「ソフトウェア使用許諾」の内容に同意されたものとみなします。

◆ ダウンロード ◆

DC-GH5
OS Windows用/Macintosh用
ファイル名 GH5__V26.zip
ファイルサイズ 67,987,330 バイト
圧縮形式 ZIP形式
解凍後のファイル名 GH5__V26.bin
ダウンロード ダウンロード
アップデート手順へ

◆ 更新履歴 ◆

更新日付 バージョン 主な内容

2019年
11月19日

Ver.2.6

  • Profoto社製コマンダーとの互換性向上
    ・Profoto社製コマンダー「Air Remote TTL-O/P」 「Profoto Connect-O/P」が使用できるようになりました。
    *すべての性能を保証するものではありません。
  • オートフォーカス性能の向上
    ・AF-ON時の近距離の被写体を優先して合焦する「AF-ON:近側」、遠距離の被写体を優先して合焦する「AF-ON:遠側」機能を追加しました。
    ・AF設定時において、ピーキング機能が使用できるようになりました。
    ・クリエイティブ動画モード設定時または[記録枠表示]が「動画」に設定時に、ライブビュー時からのAF連続動作が可能になりました。
  • その他機能追加
    ・WBに[AWBw]を追加しました。
    ・測光モードに[ハイライト重点測光]を追加しました。
    ・カスタムメニューに[基準露出レベル調節]を追加し、測光モードの基準露出レベルの調節ができるようになりました。
    ・[オートレビュー]の時間設定値に[0.5秒]を追加しました。
  • その他性能改善
    ・MモードでISOオート設定時、[AF/AE LOCK]ボタンでAE LOCK動作できるようになりました。
    ・ライブビューブースト機能において、フレームレートを滑らかに表示しMFでピントを合わせやすくする[MODE1]を追加しました。
  • 動作安定性の向上
    ・ダブルスロットのバックアップ記録機能において、書き込み中に停止する不具合を修正しました。
    ・縦位置撮影をしても、稀に画像が回転しない不具合を修正しました。
    ・動画撮影時※の手ブレ補正の動作安定性を向上させました。(※:[手ブレ補正設定]の[電子補正(動画)]ON / [手ブレロック(動画)] ON設定時)

2019年
7月9日

Ver.2.5

  • 当社製交換レンズ「10-25mm/F1.7」との互換性向上
    ・動画撮影時の滑らかな絞り制御駆動に対応しました。
    ・静止画撮影時に、絞りリングによる制御を「スムース」「1/3EVステップ」から選択できる「絞りリング設定」メニューを追加しました。
  • 当社製シャッターリモコン「DMW-RS2」使用性の向上
    ・カスタムメニューで、シャッターリモコン側の動画RECボタン操作をON/OFFできるようにしました。
  • 動作安定性の向上
    ・マイメニューに登録したヘッドホン音量がリアルタイムに変化しない不具合を修正しました。

2018年
10月23日

Ver.2.4

  • オートフォーカス性能の改善
    ・AFCモードでAF追従した際の背景に抜ける現象を改善しました。
    ・動画記録中のAF追従した際の背景に抜ける現象を改善しました。
  • 動画記録中の動作改善
    ・クリエイティブ動画モードでMモードでの撮影時、SS/ゲイン操作を角度/ISOに設定していると、ワンプッシュAEが動作しないことの不具合を修正しました。
  • タイムコードの動作改善
    ・バッテリー交換後に稀にタイムコードが初期化される不具合を修正しました。
  • 6K Photo / 4K Photoの動作改善
    ・画像によって、切り出した画像が意図したコマからずれる不具合を修正しました。

2018年
5月30日

Ver.2.3

  • オートフォーカス性能の改善。
    ・動画記録中のAF追従性能を改善しました。
    ・シャッター速度を角度表示で使用する際、180°設定時のAF速度を改善しました。
  • ボディ内手ブレ補正性能の改善。
    ・当社製広角ズームレンズ(H-F007014, H-E08018)を使用して動画の歩き撮りを行う際に、周辺が歪むことがある現象を改善しました。(※1)
  • ※1:電子手ブレ補正ON時。
  • 音声性能の改善。
    ・内部参照マイクのノイズ低減性能を最適化し、音声品質を改善しました。
  • 新機能追加。
    ・フォトスタイルに、「L.モノクロームD」を追加しました。
    ・フォトスタイルに、「粒状」の画質調整を追加しました。
    ・暗所での撮影時に、モニターに表示する被写体を確認しやすくする「ライブビューブースト」を追加しました。
    ・暗所での撮影時に、画面のまぶしさによって周囲が見えにくくなることを軽減する「ナイトモード」を追加しました。
    ・「マニュアルフォーカスアシスト」の拡大倍率を最大20倍にアップしました。
    ・カスタムメニューに、フォーカスリング操作を無効にしてピント位置を固定する、「フォーカスリングロック」機能を追加しました。
    ・WB/ISO/露出補正ボタンを「押している間」設定変更できる機能を追加しました。カスタムメニューから選択できます。
    ・カスタムメニューの「操作ロック設定」に、「ダイヤル」を追加しました。
    ・セットアップメニューに、電源表示ランプ、WIRELESS接続ランプを消灯できるメニューを追加しました。
  • その他、使用性の改善。
    ・静止画撮影モードで、フォトスタイルの「709ライク」「V-LogL*」、および、「V-LogLビューアシスト*」を使用できるようにしました。
    *別売アップグレードソフトウェアキー(DMW-SFU1)が必要です。
    ・再生モードで、「LUTモニター表示*」「LUT HDMI表示*」を使用できるようにしました。
    *別売アップグレードソフトウェアキー(DMW-SFU1)が必要です。
    ・撮影時のFnボタン設定に、「フォーカスリングロック」「電子補正(動画)」「マイクレベル表示」「ライブビューブースト」「ナイトモード」「LモノクロームD」を追加しました。
    ・再生時のFnボタン設定に、「LUTモニター表示*」「LUT HDMI表示*」「ナイトモード」を追加しました。
    別売アップグレードソフトウェアキー(DMW-SFU1)が必要です。
    ・WB設定中の画面に、ベクトルスコープを表示できるようにしました。
    ・RAW現像機能を使用中に、連写などグループ表示の中から画像を選択できるように改善しました。
    ・Image App と Bluetooth接続中に、スリープモードから復帰する時間を短縮しました。
    セットアップメニューで、あらかじめ優先したいImage App機能を選択することで、復帰動作を短くすることができます。
    ・バッテリー残量表示アイコンを4マス表示に変更しました。1マスあたり約25%を示します。
    ・ワイヤレス機能を使用してWindows10搭載PCと接続した際に、フォルダ名が文字化けする不具合を改善しました。
※ ファームウェアをアップデートしたカメラと接続するにはVer.1.3以上の「LUMIX Tether」が必要です。

2017年
12月11日

Ver.2.2

  • 当社製H-ES200(200mm/F2.8レンズ)などに搭載されるFnボタンに対応し、カメラ側で機能を設定できるようにしました。
  • VFR記録の一部の設定において、動画記録の安定性を向上しました。

2017年
10月10日

Ver.2.1

Ver.2.0ファームウェアアップデート後に発生する、以下の不具合を修正しました。
  • 「省電力ファインダー撮影」機能の時間設定が1秒に設定されてしまう不具合を修正しました。
    (モニター撮影情報画面を表示していると、1秒で消灯し、スリープモードに入ります)
    ※Ver.2.0→Ver.2.1へアップデートを実施すると、「省電力ファインダー撮影」機能は「OFF」に設定されます。
     省電力設定が必要な場合は、ご希望の時間に再設定してください。
  • 「記録方式」を「MP4 HEVC(AAC)」に設定した際、フォトスタイルの画質調整が-5になってしまう不具合を修正しました。
    ※Ver.2.1へアップデート実施すると、画質調整は±0に設定されます。
     画質調整が必要な場合は、再設定してください。
  • 「V-Log Lビューアシスト」が働かなくなる場合がある不具合を修正しました。
  • 「記録方式」を「AVCHD」で撮影した動画について、動画分割ができない場合がある不具合を修正しました。

2017年
9月27日

Ver.2.0

Ver.2.0にファームウェアアップグレードを行うと、「省電力ファインダー撮影機能」が自動的に「1秒」に設定されます。
(モニター撮影情報画面を表示していると、1秒で消灯し、スリープモードに入ります)。
電源スイッチをON後、すぐに[MENU/SET]ボタンを押してメニューの、
[セットアップ] →[エコモード] → [省電力ファインダー撮影]から設定を切り替えてお使いください。
  • PCソフト「LUMIX Tether」に対応。
    ・PCソフト「LUMIX Tether」によるUSBテザー撮影に対応しました。PCとカメラをUSB接続し、カメラを制御することができます。
  • オートフォーカス性能の改善。
    ・写真撮影中の、低コントラスト被写体へのオートフォーカス合焦性能を向上しました。
    ・動画撮影中の、オートフォーカス追従性能を向上しました。
    ・「マルチAF」「カスタムマルチAF」において、AF枠を常時表示できるようにしました。
    ・「マルチAF」のAF枠移動を、画面端から反対側へループ移動できるようにしました。
    ・「追尾AF」において、ライブビュー画面内のAFロック開始位置をあらかじめ配置できるようにしました。
    ・「連写撮影」「6Kフォト」「4Kフォト」において、シャッター半押し中、および撮影中にAF枠を移動できるように改善しました。
  • 「6Kフォト」「4Kフォト」性能の改善。
    ・「6K連写」「4K連写」の撮影停止後に、次の撮影が可能になるまでの時間を短縮しました。
    ・「6Kフォト」による「ループ記録」ができるようになりました。
    ※「6Kフォト」の「ループ記録」には、ビデオスピードクラス60以上のパナソニック製SDカードをおすすめします。
  • ALL-I動画記録モード追加。
    ・4K/FHD動画記録において、4:2:2,10bit ALL-I記録モードを追加しました。
    ※4KのALL-I記録には、ビデオスピードクラス60以上のパナソニック製SDカードをおすすめします。
  • 4K HDR動画撮影に対応。
    ・「フォトスタイル」に、「ハイブリッドログガンマ(HLG)」を追加しました。
    ・パナソニック製4K HDR対応ビエラなど、HEVC圧縮方式に対応したAV機器での動画再生を可能にする、低ビットレートの4K HLG動画記録モードを追加しました。
  • アナモフィック動画撮影モードの強化。
    ・有効画素数 約18メガで撮影できる、「高解像アナモフィックモード」を追加しました。
    ※HEVCで記録されます。
    ・アナモフィックレンズを使用した撮影中に、シネマスコープサイズ相当に引き伸ばした状態を確認できる、「アナモフィックデスクイーズ表示」機能を追加しました。
    ・動画撮影中に、シネマスコープサイズや16:9、1:1などの画角を表示アシストする、「ビデオガイドライン表示」機能を追加しました。
    ・アナモフィックレンズ装着時の設定方法は、(DC-GH5よくあるご質問 動画について Q6. アナモフィックレンズ装着時の設定について。)をご参照ください。
  • ボディ内手ブレ補正の強化。
    ・アングルを固定した撮影で、強力に手ブレ補正がはたらく、「手ブレロック」機能を追加しました。
    ・2.0倍、1.33倍のアナモフィックレンズを使用した撮影用に、最適な補正効果を発揮する手ブレ補正モードのメニューを追加しました。
    ・他社製レンズを使用したVFR撮影で、手ブレ補正が動作しない不具合を改善しました。
  • ホワイトバランス設定の修正。
    ・色温度設定のWB2軸補正を行った後、K(ケルビン)値を変更すると、WB2軸補正値がリセットされる不具合を修正しました。
  • インターバル撮影の改善。
    ・撮影待機画面で、終了予定時刻・残枚数が確認できるようにしました。
  • 省電力ファインダー撮影機能の改善。
    ・モニター撮影情報表示画面以外の撮影待機画面でも、省電力ファインダー撮影機能を使用できるようにしました。
  • ワイヤレス機能の強化。
    ・Image Appの「Bluetoothリモコン」機能に対応しました。
    ・「自動画像転送」機能において、カメラの電源を切るときに未送信画像があった場合、次回起動時に送信するように改善しました。
  • その他、使用性の改善。
    ・拡大再生画面・マルチ再生画面で、Fnボタンによるレーティング設定ができるようになりました。
    ・Fnボタンに、「常時プレビュー」「4Kフォト一括保存」「下限シャッター速度」「RAW現像」「RECボタン動作」「SDカードスロットの切替」「マイクレベル設定」を割り当てできるようにしました。
    ・DISP.ボタンをロックできるようにしました。操作方法は、(DC-GH5よくあるご質問 その他 Q7. DISP ボタンがロックできない。)をご参照ください。
    ・リレー記録で、動画のファイル番号がリセットできないことがある不具合を修正しました。
    ・リレー記録で、SDカードをフォーマットした後に動画のファイル番号がリセットされることがある不具合を修正しました。
    ・バックアップ記録で、ファイル番号がリセットされないことがある不具合を修正しました。
    ・「拡張ISO感度」を低ISO感度に設定、「iDレンジコントロール」を強に設定、「ハイライトシャドウ」を設定した際の画質を改善しました。

2017年
4月24日

Ver.1.1

  • FHD 4:2:2 10bit動画記録モードを追加しました。記録方式[MP4(LPCM)],[MOV]にて選択することができます。
  • アナモフィック(4:3)モードに、4:2:2 10bit動画記録モードを追加しました。
  • クリエイティブ動画モードの[バリアブルフレームレート]選択時に、[SS/ゲイン操作]表示を[角度/ISO]に設定した際、 撮影待機中のライブビュー映像の露出が追従しない不具合を改善しました。
  • フォトスタイル[V-LogL]において、高ISO感度設定の動画撮影中に発生する残像現象を改善しました。
* Ver1.0からファームウェアアップグレードする場合、カメラ内のフォルダ番号 ・ ファイル番号がリセットされます。 使用中のSDカードでフォルダ番号・ファイル番号の続きから撮影したい場合は、ファームウェアアップグレード後に [セットアップメニュー]->[フォルダー/ファイル設定]
から、撮影したいフォルダーを選択してください。