写真をたっぷりスマートフォンに取り込む

スマートフォンの写真をリサイズ後の写真に置き換え、スマートフォンの空き容量を増やす

アイコンリサイズデータを作成
内蔵メモリーの写真を本体の個別フォルダーに保存(「写真や動画を保存する」を参照)すると、アプリは、元データの写真をXGAサイズに自動変換し、元データとリサイズデータの両方を本体に保存します。リサイズデータはアプリの内部管理領域にも保持されます。

アイコンリサイズデータが保存できたかを確認
個別フォルダーの一覧画面でサムネイル画像をタップして1枚表示できれば、リサイズデータが保存できています。アイコン をタップすればリサイズデータのサイズを確認できます。

スクリーンショット

アイコンスマートフォンの空き容量を増やす
アイコンで確認した元データの写真を内蔵メモリーから削除します。本体に保存済の写真は、ギャラリー画面でサムネイル画像の右上にアイコン付で表示します。

例)
スクリーンショット

ギャラリー画面で「…」→「保存済一括選択」の順にタップし、次に、「…」→「選択したコンテンツ削除」の順にタップすれば、本体に保存済みの元データを一括削除できます。リサイズデータはアプリの内部管理領域に保持されたままのため、継続して閲覧できます。元データを小さなリサイズデータに置き換えるので、スマートフォンの空き容量を増やせます。

デジカメなどから保存した写真をリサイズして、スマートフォンに取り込む

アイコンメインメニューから「共有フォルダー」をタップします。

アイコン一覧画面から写真のサムネイル画像をタップします。
アプリは、写真を1枚表示したときに元データを本体から取り出してXGAサイズにリサイズして表示します。リサイズデータはスマートフォンの内部管理領域に保持、また、本体にも保存します。

【お知らせ】
・スマートフォンには、リサイズ後の写真のみ保存されます。本体には、元データとリサイズ後の両方の写真が保存されます。
・リサイズ後の写真は、本体と未接続でも表示可能です。 (オフラインモード表示機能)
・リサイズ後のサイズは、XGA (1024 × 768) です。
・リサイズデータは、本アプリケーションからのみ閲覧可能です。
・リサイズデータの他のアプリでの活用は、「写真や動画を見る」の共有フォルダー画面内の②を参照ください。

元データを取り出す

本体からリサイズ前の元データの写真を取り出します。

アイコンメインメニューから「共有フォルダー」または「個別フォルダー」をタップします。

アイコン一覧画面から写真のサムネイル画像をタップします。

アイコンアイコンをタップします。

アイコン「元画像を保存する」をタップしますと、写真の元データが取り出され、スマートフォン内の内蔵メモリーに保存されます。

スクリーンショット