FZ300

野鳥の撮影や静まった会場などで、シャッター音を鳴らさずに撮影する

静かな環境や公共の施設などで撮影するときや、赤ちゃんや動物などの被写体を撮影するときに使うと便利です。

1
電源を入れます
解説画像

電源スイッチを「ON」にします。

2
モードダイヤルを切り換えます
解説画像

モードダイヤルを回して「P」の位置、「プログラムAEモード」に合わせます。

3
「カスタム」メニューを表示させます
解説画像
解説画像

[MENU/SET]ボタンを押して、メニュー画面を表示させます。

参照 「セットアップ」メニューの「メニュー位置メモリー」を「ON」に設定していると、前回終了したメニュー項目を選択した状態の画面になります。
解説画像
解説画像

[左]ボタンを押します。

解説画像
解説画像

[下]ボタンを数回押して「カスタム」メニューアイコンを選びます。

解説画像
解説画像

[MENU/SET]ボタンを押して「カスタム」メニュー項目に移動します。

4
「サイレントモード」を設定します
解説画像
解説画像

[下]ボタンを押して「サイレントモード」を選びます。

[MENU/SET]ボタンを押して「サイレントモード」の項目を表示させます。

参照 後ダイヤルを回しても、メニュー項目を選べます。
解説画像
解説画像

[上][下]ボタンを押して「ON」を選び、[MENU/SET]ボタンを押します。

5
設定を終了します
解説画像
解説画像

[ 消去/戻る ]ボタンを押す、またはシャッターボタンを半押しして、設定を終了します。

6
サイレントモードについて
  • 操作音は消音に、フラッシュやAF補助光は「 発光禁止 」(発光禁止)に固定されます。
  • レンズの絞りの音などの動作音は消音されません。
  • 電子シャッターで撮影時は、動いている被写体を撮影すると、被写体が曲がって撮影される場合があります。
  • 電子シャッターで撮影時は、蛍光灯やLEDなどの照明下では、横しまが撮影されることがあります。
    このようなときは、シャッタースピードを遅くすると横しまが軽減されることがあります。
  • 本機能のご利用につきましては、被写体のプライバシー、肖像権などに十分ご配慮のうえ、お客様の責任で行ってください。

このページの内容によって、お客様の疑問・問題は解決しましたか?
サポート情報ご提供の参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
解決した・参考になった
試してみたが、解決しなかった
難しくてわからなかった
 

この画面を印刷する
この画面を閉じる