文書番号:4010

「EXテレコンによるズームについて」ですね。
下の解説をご覧ください。

EXテレコンでは、センサーエリアの使用エリアを狭めることで、画質を保ったままズーム倍率をさらにアップさせることができます。記録画素数を下げることにより、写真撮影時に最大約2.0倍(記録画素数S 4M、画像横縦比4:3選択時、記録画素数や画像横縦比により最大倍率は変わります)まで望遠側のズームができます。また、動画撮影中にも使用できます。

写真撮影時はパワーズーム(電動式ズーム)に対応していない交換レンズ(H-FS014042、H-FS45150)をお使いの場合は、カスタムメニューの[ファンクションレバー] を[ZOOM]に設定し、ファンクションレバーでズーム操作してください。

動画撮影時は動画メニューの[EXテレコン(動画)]を[ON]に設定してください。

なお、EXテレコン使用時は、写真と動画のズーム倍率が異なるため、写真撮影画面と動画撮影画面が切り換わる際に、画角が変わります。