文書番号:1677

「ペットをブレないように撮影する」ですね。
下の解説をご覧ください。

A. 動き回るペットを撮影するには、手ブレに注意するとともに、ピントがずれないよう配慮する必要があります。

アドバイス1  (インテリジェントオート)モードで撮影する

 モードでは、カメラが被写体や撮影状況を自動的に判別。動き認識が働き、最適なISO感度とシャッタースピードを設定する

ため、被写体ブレを防いでキレイに撮影できます※1。

 【 モードに設定する】

1. 本体背面にある撮影/再生切換スイッチを[ ]側にする

2. 本体上部のモードダイヤルを[ ]に合わせる※2

※1  モード時にはインテリジェントISO感度コントロールが働き、ISO感度は最大1600まで自動でアップします。ISO感度の

数値が高いほど被写体ブレを抑える効果を得られますが、ノイズは増加します。

※2  モードの設定方法は機種により異なりますのでご注意ください。

 

アドバイス2 シーンモードの「 (ペット)」で撮影する

カメラが撮影シーンにあわせた最適な設定を行ってくれるシーンモード。動きの多いペットを撮影するのに最適です。※1

【シーンモードの「 」に設定する】

1. 本体背面にある撮影/再生切換スイッチを [ ]側にする

2. モードダイヤルを[ ]に合わせる※2

3. カーソルボタンで[ ]を選ぶ

4. [MENU/SET]を押すか、シャッターボタンを半押しして決定する

※1  モード時にはインテリジェントISO感度コントロールが働き、ISO感度は最大1600まで自動でアップします。ISO感度の

数値が高いほど被写体ブレを抑える効果を得られますが、ノイズは増加します。

 ※2  モードの設定方法は機種により異なりますのでご注意ください。

 

アドバイス3 インテリジェントISO感度コントロールを使う

通常撮影モードでは、手動でインテリジェントISO感度の最大値を設定することができます※1。 モード時、 モードでも

ブレてしまった時はISO1600より高い数値に、画質が気になった場合はISO1600より低い数値に設定してください。

【インテリジェントISO感度の設定をする】

1. 本体背面にある撮影/再生切換スイッチを[ ]側にする

2. 本体上部のモードダイヤルを[ ]に合わせる※2

3. [MENU/SET]を押してメニューを表示させる

4. カーソルボタンで[ ]を選び、最大感度を選択する※3

5. [MENU/SET]を2回押す

※1 ISO感度を高い数値に設定するほど被写体ブレを抑える効果を得られますが、ノイズは増加します。

※2  モードの設定方法は機種により異なりますのでご注意ください。

※3 設定できる最大感度は機種によって異なります。