文書番号:2178

「花火を美しく撮影するにはどうしますか?」ですね。
下の解説をご覧ください。

夏の夜空を彩る打ち上げ花火。ちょっとしたコツで、黒つぶれや手ブレを防ぎ、迫力いっぱいに撮影することができます。


アドバイス  シーンモードの「 (花火)」で撮影する

カメラが撮影シーンにあわせた最適な設定を行ってくれるシーンモード。花火を撮影するのに必要な「露出」や「ホワイトバランス」などを、

自動で最適な状態に調節してくれます。※1

 

 【シーンモードの「 」に設定する】

1. 本体背面にある撮影/再生切換スイッチを/[ ]側にする。

2. [MODE]ボタンを押す。

3. [シーンモード]をタッチする。

4. [ ]をタッチする。

 

※1 シャッタースピードは手ブレ補正[OFF]時には2秒に設定されます。手ブレ補正[AUTO※3][MODE1] [MODE2]時は1/4秒に、

三脚使用時などブレの量が少ないとカメラが判断した状況では2秒に設定されます。ISO感度は100に設定されます※4。

※2  モードの設定方法は機種により異なりますのでご注意ください。

※3 手ブレ補正[AUTO]は機種よっては搭載されていません。

※4 ISO感度の設定は機種によって異なります。 ※ シャッタースピードが遅くなるため、三脚を使って撮影することをおすすめ

します。 ※ 混雑で三脚が使えない花火会場などでは、カメラを両手で構えて両脇をしっかりと締める、木や壁によりかかって

からだを支えるなど、なるべくブレが起きないよう工夫しましょう。