1.PC-MT1-H1用リカバリ起動ディスクの作成方法

・コンピュータの電源を投入し、WindowsMeを起動します。
・「スタート」ボタンから「設定」「コントロールパネル」の順に開きます。
・コントロールパネルの「アプリケーションの追加と削除」を開き、「起動ディスク」を
クリックします。
・「ディスクの作成」をクリック、「ディスクの挿入」が表示されたら空のフロッピーを
フロッピードライブにセットして「OK」をクリックします。
・作成が完了したら「OK」で閉じます。

・マイコンピュータを開いて「3.5インチFD」を右クリックし、「フォーマット(A)」を
クリックします。
・「クイックフォーマット」に●がついていることを確認して「開始(S)」をクリック
します。
・「フォーマット結果」が表示されたら「閉じる」をクリックします。
・「フォーマット」画面に戻るので「閉じる」をクリックします。

・「プロダクトリカバリCD-ROM ディスク2」をCDドライブにセットします。
・マイコンピュータから「SHARP3170R2(E:)」を開き、「bootimg」フォルダを開きます。
・「編集(E)」-「全て選択(A)」の順にをクリック、全ファイルが青くなります。
・「ファイル(F)」「送る(N)」「3.5インチFD(A)」の順にクリック。全ファイルが
フロッピーにコピーされます。
・以上で、PC-MT1-H1用リカバリ起動ディスクの完成です。

2.リカバリ起動ディスクの変更方法

・CDドライブ付属のセットアップディスクをフロッピードライブにセットします。
・マイコンピュータを開いて「3.5インチFD」を開き、その中の「F2H」フォルダを
開きます。
・F2Hフォルダ内の「USBASPI.SYS」「USBCD.SYS」をデスクトップにドラッグして
貼り付けます。
・「PC-MT1-H1用リカバリ起動ディスク」をフロッピードライブにセットします。
・マイコンピュータから「3.5インチFD」を開き直します。
・デスクトップ上の「USBASPI.SYS」「USBCD.SYS」を3.5インチFDにドラッグして
貼り付けます
・以上でリカバリ起動ディスクの変更は完了です。

3.リカバリの開始手順

・コンピュータの電源が切れた状態にします。
・コンピュータにフロッピードライブとCDドライブを接続し、リカバリ起動ディスクと
プロダクトリカバリCD-ROMディスク1をセットします。
・コンピュータの電源を投入します。
・Press <F2> to enter setup と表示されている間にF2キーを押してBIOS設定画面を
表示させます。
・BIOS設定画面のBootSequenceで次の順番に設定し、設定画面から抜けます。

Floppy Disk Drive
CD-ROM Drive
Hard Disk Drive

・Microsoft Windows Millenium Setup Menuの表示から
「2. USB CD-R/RW(CE-CW05)」を選択します。
・以降の手順についてはコンピュータの取扱説明書に従ってください。