リカバリーについて

起動FDを編集する前に

お願い

作業を行う際は、必ず起動ディスクの複製(コピー)を作成していただき、作業自体は複製したフロッピーで行ってください。
万が一、マスターフロッピーで作業を行って、フロッピー内のデータが破損してしまっても、こちらでは責任を負いかねますので予め御了承いただけますようお願い致します。

ディスクの複製について

ディスクの複製はマイコンピュータ内の「3.5インチFD」アイコンを右クリックし、「ディスクのコピー」を実行してください。

隠しファイルの表示

Windowsの設定によっては、必要なファイルが表示されない場合があります。以下の操作で全てのファイルを表示できる設定に変更してください。

  1. Windows® 95(OSR2)
    マイコンピュータを開きメニューバーの「表示」、「フォルダオプション」の順にクリックします。
    「表示」画面が出ますので、「ファイル表示」の項目で「全てのファイルを表示」にチェックを入れてください。
  2. Windows® 98 & 98SE
    マイコンピュータを開きメニューバーの「表示」、「フォルダオプション」の順にクリックします。
    「フォルダオプション」画面が出ますので「表示」タブをクリックし、「詳細設定」で「全てのファイルを表示する」にチェックを入れてください。
  3. Windows® Me
    マイコンピュータを開きメニューバーの「ツール」、「フォルダオプション」の順にクリックします。
    「フォルダオプション」画面が出ますので「表示」タブをクリックし、「詳細設定」で「全てのファイルとフォルダを表示する」にチェックを入れてください。
  4. Windows® 2000
    マイコンピュータを開き、メニューバーの「ツール」 → 「フォルダオプション」の順にクリックします。
    「フォルダオプション」画面が出ますので、「表示」タブをクリックし、「詳細設定」で「全てのファイルとフォルダを表示する」にチェックを入れて、「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)」のチェックを外します。
  5. Windows® XP
    マイコンピュータを開きメニューバーの「ツール」、「フォルダオプション」の順にクリックします。
    「フォルダオプション」画面が出ますので「表示」タブをクリックし、「詳細設定」で「全てのファイルとフォルダを表示する」にチェックを入れて、「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)」のチェックを外します。

ファイルのコピー方法

FDDが一つしかなくてもファイルのコピーは可能です。

  1. FD内のコピー目的のファイルを右クリックして「コピー」を選択します。
  2. 次にデスクトップ上のアイコンが表示されていない部分を右クリックして「貼り付け」をクリックします。
  3. FDをコピー先のFDに入れ替えて、デスクトップ上に貼り付けたアイコンを右クリックして「コピー」を選択します。
  4. 次にマイコンピュータ内の「3.5インチFD」を右クリックして「貼り付け」をクリックします。
以上の手順でファイルのコピーが可能です。

Windows付属のメモ帳

「スタート」 → 「プログラム」 → 「アクセサリ」 → 「メモ帳」の手順でWindows付属のメモ帳を起動します。
メモ帳画面のメニューバーの「ファイル」、「開く」の順にクリックします。
ファイルを開く画面が出てきたら、3.5インチFD内のファイルを開きます。
(開くファイルは起動ディスクによって異なります。)

ファイル編集作業の説明

  • 「remの追加」とは?
    その文の頭に「rem 」と記入します(「rem」の後ろにスペースが一つ空きます)。
    「remの追加」という文章自体は追加しません。
  • 「行を追加」とは?
    その行に記載されている文章を、そのままお客様に書き込んでいただきます。
    「行を追加」という文章自体は追加しません。
  • 「変更」とは?
    その行に記載されている文章を、作業例通りに書き換えていただきます。
    「変更」という文章自体は追加しません。
← 前のページへ戻る → 次のページへ