BW900/BW800/BW700

録画の画質と時間について −録画モード−

1
録画モードの種類
解説
このディーガには、9種類の録画モードがあります。

  • 「DR」で録画すると、最高の画質となります。
    (録画先はHDD、ブルーレイディスクのみ)
  • DVDにハイビジョン画質で予約録画するときは、「HG」「HX」「HE」から選びます。
  • 後でHDDからDVDへ高速で、ハイビジョン画質のまま、ダビングするときも、「HG」「HX」「HE」から選びます。
  • 「XP」「SP」「LP」「EP」「FR」で録画すると、従来のアナログ放送と同様の画質になります。

◆ CATVのセットトップボックス(STB)を使って録画するとき
  • i.LINKを用いて録画するとき、ハイビジョン画質の番組はハイビジョン画質のまま、録画できます。
    (録画先はHDDです)
  • 外部入力(L1やL2)を用いて録画するとき、録画モードを「XP」「SP」「LP」「EP」「FR」から選びます。
    従来のアナログ放送と同様の画質となります。
    (Irシステムの連動予約では、録画先はHDDです)
2
録画モードと記録時間の目安
解説
  • HDDでは、音楽や写真を記録している場合、記録できる時間は表の時間よりも短くなります。
  • DVD-RAM(両面、9.4GB)では、連続記録・再生はできません。
  • EPモードでの記録時間は、初期設定の項目「EP時の記録時間」の設定により、異なります。(カッコ内の時間はEP(6時間)の場合)


このページの内容によって、お客様の疑問・問題は解決しましたか?          
サポート情報ご提供の参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
解決した・参考になった
試してみたが、解決しなかった
難しくてわからなかった

この画面を印刷する この画面を閉じる