パナソニック・ホーム 個人向けトップ > お客様サポート > の中の重要なお知らせ > の中のVR方式、DVD-Video方式とはのページです。

パナソニックのお客様サポート パナソニック商品のサポート情報をご紹介します。

VR方式、DVD-Video方式とは

VR(ビデオレコーディング)方式とは

DVDレコーダーなどの機器でディスクに映像を録画するときの規格のひとつで"VideoRecording"を略してVR方式と呼んでいます。
一般家庭で使われているVHS方式のVTRのように比較的自由に書き換えや編集を行える機能を備えており、番組(プログラム)単位での追記やプレイリスト機能にも対応しています。
録画後に編集機能を使いこなすために一般的にはDVD-RAMディスクやDVD-RWディスクなどの書き換え可能タイプのディスクが使われます。

特徴

  1. 2カ国語音声放送の録画に対応
  2. CPRM対応ディスクを使うことで地上デジタル放送やBSデジタル放送などの『1回のみ録画可能』な番組の録画ができます。
  3. 家庭内の録画再生を目的としており、市販のDVD-Videoソフトのように複数の字幕や音声などには対応していません。
  4. VR方式で録画されたディスクは通常のDVDプレーヤーでの再生互換性はありません。
    但し、DVD-RAMディスクに録画されたものは、弊社製DVDプレーヤーの多くの機種で再生可能です。

DVD-Video(DVDビデオ)方式とは

DVD-Video方式とは、映画ソフトなど大量にプレスされ市販されるDVDソフトに使われる規格で、編集する機能はありませんが、高度なメニューの作成やマルチランゲージ(複数言語の音声や字幕収録)などに対応することができるものです。
DVDレコーダーではDVD-R/DVD-RWディスクを中心に導入されており、市販ソフトほどの高度な内容ではありませんが、メニュー、タイトル、チャプターなどの簡単な編集機能をそなえるものがあります。

特徴

  1. 規格的には高度な音声機能を持ちますが、2カ国語放送の主音声/副音声には対応しておらず、DVDレコーダーでは主音声/副音声のどちらかしか録画できません。
  2. 録画目的でつくられた規格ではなく、著作権保護技術"CPRM"に対応しておりませんので、地上デジタル放送/BSデジタル放送などの『1回のみ録画可能』な番組の録画はできません。
  3. 通常のDVDプレーヤーの多くで再生互換性があります。