パナソニック・ホーム 個人向けトップ > お客様サポート > の中のDVDレコーダー/DVDプレーヤー/VHS > の中の最新ファームウェア提供サービス

パナソニックお客様サポート情報

DVDレコーダー、プレーヤーの最新ファームウェア提供サービス

平素は、PanasonicのDVDレコーダー、DVDプレーヤー商品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。
本ホームページでは、商品をより快適にご使用いただけるよう最新のファームウェア(商品を制御するために内蔵しているソフトウェア)をダウンロードサービス、(以降、本サービス)にてご提供いたします。

更新のお知らせ

2007年10月22日 DVDレコーダー/プレーヤー最新ファームウェアアップデートプログラムを公開
2006年10月25日 DMR-E500Hのファームウェアを更新しました。
2006年8月7日 DVDレコーダー最新ファームウェア28機種(6機種追加)を一斉更新しました。
2006年3月6日 DMR-EH66のファームウェア更新ファイルを追加しました。
2005年12月26日 DMR-EH73Vのファームウェア更新ファイルを追加しました。
   

ファームウェアの提供方法

本サービスは、お客様ご自身で弊社ホームページよりファームウェアをダウンロードし、CD-Rディスクに書き込んでアップデートディスクを作成し、アップデートをしていただくものです。
そのためCD-Rディスクへ書き込むパソコン環境が必要となりますので、そうした環境をお持ちでない場合は本サービスをご利用いただけません。あらかじめご了承ください。

*アップデートディスクを作成できないお客様は
  「パナソニックお客様ご相談センター」 まで、ご相談ください。

ファームウェア提供サービスの手順

以下のステップ1.〜ステップ4.の手順に従って実施してください。
ステップ 1.  ご使用の機種を選んでファームウェアをダウンロードします。
下向矢印
ステップ 2. ダウンロードしたファイルを解凍します。 
下向矢印
ステップ 3. CD-Rをご用意いただきCD-Rディスクに上記ファイルを書き込んでいただくことによりアップデート用ディスクを作成します。      
下向矢印
ステップ 4.
アップデートの実施(ディスク作成後)
DVDレコーダーとDVDプレーヤーでは手順が異なりますので、各々の説明をご覧ください。

   

ページトップへ戻る