よくあるご質問 使い方ナビゲーション デジタルカメラ講座 撮影のコツ 動作確認情報 ダウンロード 取扱説明書
デジタルカメラ講座
レンズの種類:標準レンズ
人間が両眼で一点を見つめた時、ピントが合い、色彩を認識できる角度が約50度といわれています。そして人間にとって見慣れた50度前後の画角を備えた50mm近辺のレンズを、標準レンズと呼んでいます。特色は見たままの素直な描写にあり、レンズで絵が刺激的に強調されることもありません。またボケをコントロールしやすく、自然でやわらかなボケが得られるところも大きな魅力です。

標準レンズ
レンズで絵が極端に強調されず、ほぼ肉眼で見たままの自然な描写が標準レンズの特徴です。パンフォーカスから、やわらかなボケまで、背景の絵づくりもコントロールできるため、スナップから風景撮影までオールマイティに活躍するレンズです。
50mm   50mm   50mm
 
 
人物のスナップ撮影でも、見たままの自然な写真が写せます。レンズによる強調が少ない分、構図の背景処理などが大切に。
 
遠近感も人間の感覚に最も近いため、旅の思い出などを目で見た印象のままで残せます。
 
絞りの調節で、背景をパンフォーカスからやわらかなボケまで自在に表現できます。ボケの自然さも、標準レンズの魅力です。
第十九回へ
第二十一回へ
講座一覧へ