パナソニック・ホーム 個人向けトップ > お客様サポート > の中のデジタルカメラ > の中のLUMIX交換レンズの保管と取扱いについて

LUMIX交換レンズの保管と取扱いについて

平素は、Panasonic製品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。
交換レンズをホコリや湿気から守り、長くご使用いただくために、保管時は以下の内容にお気をつけください。
  1. デジタルカメラ(ボディ)から取り外した時は、ほこりなどの付着やレンズ内部への侵入を防ぐため、必ずレンズキャップ/レンズリアキャップをつけてください。また、保管時は、できるだけ湿気の入りにくい密閉できるドライケースをご用意ください。
  2. デジタルカメラ(ボディ)から一時的に取り外した場合でも、レンズ接点を保護するため、レンズ取り付け部を下にして置かないでください。
    また、レンズの接点を汚さないように気をつけてください。

【ご注意】
  • レンズご購入時は、まれに内部の細かいゴミやホコリがレンズの拡大効果によって見えることがありますが、これらのゴミやホコリが撮影画像に記録されないことを確認して出荷しておりますので安心してお使いください。
  • 特にズームレンズの場合、ズーム操作時は、レンズ内の空気の流れによって、ほこりなどが侵入する場合があります。
    ※レンズ内へのほこりの侵入などは、構造上、完全に防ぐことはできません。
■準備するもの
(1) ブロアー: ゴミ・ほこりを吹き飛ばします。
(2) レンズブラシ: ゴミ・ほこりを掃います。
(3) クリーニングクロス: ゴミ・ほこりを掃ったあとレンズをやさしく拭きます。
※LUMIX専用 クリーニングキットを販売しております。詳細はこちらをクリック

■レンズのお手入れ方法
※お手入れを始める前に、レンズブラシおよび、クリーニングクロスが清潔な状態であることをご確認ください。
  1. [レンズ前部ガラス面]
    レンズを収納(広角端)した状態で前部ガラス面を手前に傾けて、ブローします。
  2. [レンズ前部ガラス面]
    レンズを繰り出し(望遠端)、レンズの斜め後方から前方へ(プロアーの風が隙間から入らない方向)からブローします。
  3. [レンズ後部ガラス面]
    レンズを収納(広角端)した状態で、後部ガラス面を下向きにして、浅い角度でごく少量の風を送る程度でブローします。
  4. レンズガラスとブラシの角度を浅く(30度)にして、レンズ表面に付着したゴミを軽くやさしく掃う。
  5. レンズガラス面に固いゴミや砂などが付いていないことを確認し、力を入れずにやさしく、汚れ・指紋などを拭き取ってください。中心から「らせん状」に拭き取るときれいに仕上がります。